くらし情報『「ウソみたいだろ、ガンプラなんだぜ…」大河原邦男風イラストを再現する“匠の技”とは?』

2020年1月23日 07:00

「ウソみたいだろ、ガンプラなんだぜ…」大河原邦男風イラストを再現する“匠の技”とは?

“イラストに見えるガンプラ”作品:ザクII制作:n兄(左)/作品:ガンダムマークII制作:コーディ(右)(C)創通・サンライズ

“イラストに見えるガンプラ”作品:ザクII制作:n兄(左)/作品:ガンダムマークII制作:コーディ(右)(C)創通・サンライズ


今年、40周年という“節目”を迎えた「ガンダムプラモデル(以下、ガンプラ)」。そのガンプラカルチャーを支えてきたのは、創意工夫と自由な発想で技術革新に貢献してきたモデラーたちだ。そこで、これまでにORICON NEWSで取り上げたトップモデラーたちを、「ガンプラ40周年記念」として改めてフィーチャー。記念すべき第1回目では、“イラストに見えるガンプラ”を制作したn兄氏とコーディ氏を紹介する。

■大河原イラスト風ザクIIの制作で感じた「“ガンプラは自由”」(n兄)

モデラー仲間との交流の場を積極的に設けているn兄氏。そんなモデラー仲間の存在が“独自の発想力”に及ぼす作用をこう説明する。

「多くの人がそうであるように、社会人になり家庭を持つようになってから“友人”を作るのは凄く難しい事だと思っています。でも模型をやっている仲間のおかげで、色々なところに出かけるのも楽しいし、集まるだけでも楽しい」と笑うn兄氏。続けて「50歳を過ぎてからも、まだそんな中学生みたいなワクワクを感じられたり、模型制作への刺激を受けられるのは、ガンプラで繋がった友人たちのおかげです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.