くらし情報『塚地武雅、“ヒロイン”役を本上まなみから絶賛「かわいすぎる」』

2020年1月27日 19:17

塚地武雅、“ヒロイン”役を本上まなみから絶賛「かわいすぎる」

東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』制作発表に登壇した(左から)塚地武雅、本上まなみ (C)ORICON NewS inc.

東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』制作発表に登壇した(左から)塚地武雅、本上まなみ (C)ORICON NewS inc.


女優の本上まなみ、ドランクドラゴンの塚地武雅が27日、都内で行われた東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』(2月1日スタート、毎週土曜後11:40)制作発表に登壇した。本上と塚地は“Wヒロイン”として二人一役に挑戦。本上の演じる主人公の妻が、塚地演じるオッサンの姿で生き返ったという設定を二人三脚で演じており、本上は「本当に大変なのは、塚地さんがかわいすぎる!」とクレームを入れながらも塚地のヒロインぶりを絶賛した。

小学館『ビッグスピリッツ』で連載されていた阿部潤氏による原作をもとに、3年前に事故死した妻・多恵子(本上)が、オッサン(塚地)の姿になって残された家族、夫の吾郎(小澤征悦)、娘のトモ(福本莉子)のもとに戻ってくることから始まるホームコメディ―。

“オッサン多恵子”として初ヒロインを演じた塚地は「思い切ってやってみました」と手応え。メイクやウィッグなど扮装一切ないまま女性として見えなくてはいけない、という難役を本上から褒められた塚地は「よく言いますよ、失笑ですよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.