くらし情報『ジミー大西、さんまの説教で5年ぶり画家活動 休養期間は「『やってるやってる』のギャグだけで…」』

2020年7月9日 16:18

ジミー大西、さんまの説教で5年ぶり画家活動 休養期間は「『やってるやってる』のギャグだけで…」

さんまの説教で5年ぶりに画家活動をしたジミー大西 (C)ORICON NewS inc.

さんまの説教で5年ぶりに画家活動をしたジミー大西 (C)ORICON NewS inc.


お笑いタレントのジミー大西が9日、都内で吉本興業とイオンの『イオン×よしもと みんなで#マイバッグ キャンペーン』の取材会に参加した。

マイバッグの柄は、キャンペーンの趣旨に賛同したジミーが新作を描き下ろし。“目立つバック”をテーマに掲げ、作品タイトルは『朝の光』となった。ジミーは、とあることが、きっかけで5年間、筆を置いていたと驚きの発言。「ある焼き鳥屋のアルバイトの時給1200円だった。自分の売れた画を換算したら時給380円やったんです。その時、筆を折ったんです」とぽつり。

いつの間にか、5年が経過。“師匠”の明石家さんまに「このごろ、画を描けへんな」と言われ、ジミーはことのあらましを説明したそう。すると、さんまから「お笑いとか、人を楽しませるのに時給は関係ない。時給なんか考えたらアカン」とお説教を受けたという。そのタイミングで、この仕事のオファーがあり、画家活動を再開。ジミーは「5年ぶりの画なんです」と笑顔で振り返っていた。

この5年間は何をやっていたか問われると「『やってるやってる』のギャグだけで全国を回ってました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.