くらし情報『『オドぜひ』で“春日大好きぜひらー”特集 春日論文&春日語の魅力に迫る』

2020年7月10日 11:06

『オドぜひ』で“春日大好きぜひらー”特集 春日論文&春日語の魅力に迫る

中京テレビ『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』で春日大好きぜひらー特集(C)中京テレビ

中京テレビ『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』で春日大好きぜひらー特集(C)中京テレビ


お笑いコンビ・オードリー、中京テレビの磯貝初奈アナが出演する中京テレビ『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』が、13日に放送(深0:59日本テレビでは16日深1:29)。今週は初代アシスタント市野瀬瞳とともに、春日大好き「ぜひらー」たちを振り返る。

まずは、有名学術誌に論文が掲載されたこともある、京都大学の若手研究者が登場。十数年来の根っからの春日ファンであることから、大好きな春日の面白さについて考察した論文を発表したが、春日のギャグを学術的に分析して出た結論は「春日のギャグは、何が面白いのかよくわからない」というものだった。

続いて、春日が仲間内で使う「春日語」に魅せられた大学生が登場。「中川パラダイス」→「P」、「どうしよう」→「もんかいの~状態」などの春日語だけでなく、「パンツ」→「おピンツ」など、オリジナルの言葉まで操っており、そのクオリティの高さを春日も絶賛。そんな2人が考えた新しい春日語「PンD」「プんだ」の意味も明かされる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.