くらし情報『生田絵梨花、ライブ配信ミュージカル挑戦で「一緒に体感したいと強く思いました」』

2020年7月13日 11:28

生田絵梨花、ライブ配信ミュージカル挑戦で「一緒に体感したいと強く思いました」

『Happily Ever After』の様子(撮影:桜井隆幸)

『Happily Ever After』の様子(撮影:桜井隆幸)


人気グループ・乃木坂46の生田絵梨花が11日、東宝演劇のミュージカルプロジェクト『TOHO MUSICAL LAB.』の「Happily Ever After」に出演。終演後、生田は「空の客席を見ながら、お客さまがいることを想像しました。ここでいてくれたら、うれしい。一緒に体感したいとさらに強く思いました」といつの日か、客席に人が戻ることを願った。

これは、新型コロナウイルスの影響で3月下旬から公演を休止していた東宝演劇の新プロジェクト第1弾。無観客のライブ映像配信で、劇場からミュージカルを届ける東宝初の試み。劇作家の根本宗子氏、三浦直之氏が創作を快諾し、2本立てに。根本氏の脚本・演出作は「Happily Ever After」で生田と海宝直人が出演。三浦氏が作詞・脚本・演出を務めるのは「CALL」で木村達成、田村芽実、妃海風が出演する。

生田は「お客さまが入っているときとは違う緊張がありました。でも、ホーム感があったというか、良い意味で心地の良い時間が流れていました」とけいこ含めて充実の日々を過ごしたことを実感。続けて「落ち着いて、安心して楽しめる日が来て、早く劇場が再開してくれる日が来てほしいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.