くらし情報『『ABCお笑いグランプリ』第41代目王者はコウテイ 下田は絶叫&九条はキャラ忘れて大号泣』

2020年7月12日 17:21

『ABCお笑いグランプリ』第41代目王者はコウテイ 下田は絶叫&九条はキャラ忘れて大号泣

『第41回ABCお笑いグランプリ』で優勝したコウテイ(C)ABCテレビ

『第41回ABCお笑いグランプリ』で優勝したコウテイ(C)ABCテレビ


大阪・ABCテレビ、テレビ&ビデオエンターテインメントABEMAで12日、生放送された『第41回ABCお笑いグランプリ』は、12組が決勝に臨み、コウテイが480組のエントリーの中から見事に栄冠に輝いた。

【Aブロック】からオズワルド、【Bブロック】からコウテイ、【Cブロック】からフタリシズカがファイナルステージに進出した。ファイナルステージは審査員7人が持ち点100点で審査し、オズワルドが654点、コウテイが666点、フタリシズカが635点を獲得。結果、コウテイが優勝を掴み取った。

1本目が漫才、2本目がコントと二刀流で栄冠。優勝が決まった瞬間に下田真生(27)は「いよっしゃ~」と大絶叫。優勝賞金100万円と副賞の「すべらない」タイヤセットがをもらうと「これ~!やった~!」と雄叫びを挙げた。一方、心境を問われた九条ジョー(26)は「MKです…。めっちゃ気持ちいい…」とキャラを忘れて大号泣していた。

決勝のメインMCは、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太。白熱のバトルを見守る審査員には、小沢一敬(スピードワゴン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.