くらし情報『浅利陽介、患者役で2年ぶり医療ドラマ「新鮮だなぁ~」石原さとみと共演に喜び』

2020年7月13日 12:00

浅利陽介、患者役で2年ぶり医療ドラマ「新鮮だなぁ~」石原さとみと共演に喜び

木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第3話に出演する浅利陽介 (C)フジテレビ

木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第3話に出演する浅利陽介 (C)フジテレビ


俳優の浅利陽介が30日放送のフジテレビ系木曜劇場『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』(毎週木曜後10:00)第3話ゲストとして出演することがわかった。浅利が演じるのは、生徒思いで心優しい、萬津小学校の先生・新田奏佑(にった・そうすけ)。主演の石原さとみとは、『リッチマン、プアウーマン』(2012年・7月期)以来、約8年ぶりに共演。そして、大ヒットドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズではフライトドクターを演じる浅利が、約2年ぶりに医療ドラマに患者役として出演する。

同ドラマは、萬津(よろづ)総合病院薬剤部に勤務するみどり(石原)をはじめ、新人の相原くるみ(西野七瀬)、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描いていく。

石原との久々の共演について浅利は「さとみちゃんと一緒に仕事ができるのを楽しみにしていました!とっても居心地が良かったです。僕が自分のせりふを間違っても止めずに強引に(撮影を)進めたことがあるですが、そこにもしっかり付き合ってくれて感謝です!!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.