くらし情報『長谷川京子「20代は葛藤と苦悩の連続だった」ステイホーム期間で変化した価値観』

2020年7月13日 08:40

長谷川京子「20代は葛藤と苦悩の連続だった」ステイホーム期間で変化した価値観

先月、YouTubeチャンネルを開設したことも話題になった長谷川京子(画像提供=ダイソン)

先月、YouTubeチャンネルを開設したことも話題になった長谷川京子(画像提供=ダイソン)


今年でデビュー20周年を迎えた長谷川京子。これまでトップモデル、トップ女優、CM女王と着実にキャリアを積んできたが、去年からバラエティ番組のMC、写真集発売、先月にはYouTubeチャンネル開設と、さらなる新境地を開拓し続けている。20代の頃は葛藤と苦悩の連続で「自分の粗探しばかりしていた」というが、どのように乗り越えたのだろうか。いつまでも挑戦を止めない長谷川に、その根源を聞いた。

■在宅期間で取捨選択できた“本当に必要なもの”とは「危機感を持っていても何にもならない」

――現在、出演中のバラエティ番組もリモート収録になるなど、仕事や生活に大きな変化があったかと思いますが、ステイホーム期間はどのように過ごされていましたか。

【長谷川京子】子どもの勉強を見たり、公園に行ったり家でゆっくり過ごしたりしていました。自身を見つめ直す時間が多くなったことで、本当に必要なものの取捨選択が出来るようになりました。これからの人生において、たくさんのものを抱え込まずにもっとシンプルに生きられるのではないかと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.