くらし情報『松岡茉優、TBS連ドラ初主演 三浦春馬と初共演で“じれキュン”ラブコメ』

2020年7月14日 05:00

松岡茉優、TBS連ドラ初主演 三浦春馬と初共演で“じれキュン”ラブコメ

TBS9月スタート火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』より(左から)松岡茉優、三浦春馬 (C)TBS

TBS9月スタート火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』より(左から)松岡茉優、三浦春馬 (C)TBS


女優の松岡茉優が9月スタートのTBS系連続ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(毎週火曜 後10:00)に主演することがわかった。松岡は同局連ドラ初主演を飾り、おカネの価値ではなく、モノの本質を大切にする“清貧女子”・九鬼玲子(くき・れいこ)を演じる。またそんな玲子とは真逆の金銭感覚を持つ“浪費男子”・猿渡慶太(さるわたり・けいた)には三浦春馬が起用され、三浦翔平、北村匠海らも加わった恋の四角関係を展開。昨年夏に放送された連ドラ『凪のお暇』を手掛けた大島里美氏が脚本を担当する、じれたっくてキュンキュンする“じれキュン”なオリジナルのラブコメディーとなる。

中堅おもちゃメーカーの経理部で働く玲子は、とある過去が原因で「清貧」という価値観で生きるアラサー女子。金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する“モノ”の本質を大切にして暮らしている。その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・慶太は、『浪費』にかけては天賦の才能を持った男。営業部に在籍していたが、浪費のしすぎで玲子がいる経理部に異動に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.