くらし情報『仲村トオル&岸谷五朗、2人の刑事が織りなす横山秀夫サスペンスドラマ化 』

2020年9月23日 15:00

仲村トオル&岸谷五朗、2人の刑事が織りなす横山秀夫サスペンスドラマ化 

テレビ東京系月曜プレミア8枠で『横山秀夫サスペンス』仲村トオルと岸谷五朗、主人公を入れ替えて2作品を放送 (C)横山秀夫/集英社・テレビ東京

テレビ東京系月曜プレミア8枠で『横山秀夫サスペンス』仲村トオルと岸谷五朗、主人公を入れ替えて2作品を放送 (C)横山秀夫/集英社・テレビ東京


テレビ東京系月曜プレミア8枠(毎週月曜後8:00~9:54)で、10月26日に『横山秀夫サスペンス沈黙のアリバイ』(主演:仲村トオル)、11月9日に『モノクロームの反転』(主演:岸谷五朗)が放送される。

多くの名作を世に送り出してきた小説家・横山秀夫氏の作品の中でも、警察小説の金字塔と呼び声の高い、短編集『第三の時効』。その中から警察内部の人間関係やキャラクター、ミステリーとしてのどんでん返しが特に多くの人をひきつける「沈黙のアリバイ」「モノクロームの反転」の2作品を映像化。

仲村は、強行犯捜査係一課・通称“一班”の班長・朽木泰正を演じる。彼は、鋭い洞察力と経験に基づく捜査理論をもとに事件を解決に導き、チームは一番の検挙率を誇る一方、笑顔を一切見せず、″青鬼“の異名を持つ孤高の刑事。そんな“一班”に対抗心を燃やしつつ、ともに山梨県警本部の強行犯捜査係を引っ張る三課・通称“三班”の班長・村瀬恭一を岸谷が演じる。朽木とは対照的に本能と直感を武器に捜査を展開する天才肌の刑事だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.