くらし情報『梅澤美波、乃木坂46の次代を担う覚悟「“個”の頑張りもすべてはグループのため」』

2020年9月29日 08:40

梅澤美波、乃木坂46の次代を担う覚悟「“個”の頑張りもすべてはグループのため」

9月29日にソロ写真集『夢の近く』をリリースする梅澤美波(C)oricon ME inc.

9月29日にソロ写真集『夢の近く』をリリースする梅澤美波(C)oricon ME inc.


2018年夏、初めて選抜に選ばれたとき「私は今、この場所に立っていていいのかなっていう葛藤があった」という乃木坂46・梅澤美波。あれから2年、ネガティブだった少女は、映画『映像研には手を出すな!』(9月25日公開)のメインキャストを務め、9月29日にはソロ写真集『夢の近く』(講談社)をリリースするなど、多方面で活躍。いつしか次代の乃木坂46を担う存在になった。2016年の加入から4年、白石麻衣をはじめ乃木坂46を支えてきたメンバーが続々と卒業。他のアイドルグループの台頭もあるなか、過渡期を迎えた乃木坂46に何を思うのか。

■「キレイに見せなきゃ」「こうあらねば」という像を作っていた

「加入してからいろいろ大変なことがありましたが、選抜メンバーに選んでいただいた2018年からの2年間は、本当に個人として悩むことが多くて。特に初めてフロントメンバーに選んでいただいた『帰り道は遠回りしたくなる』の頃は、私は今、この場所に立っていていいのかなっていう葛藤がすごくあって、ステージでも全然笑えなかったり、自分の活動を映像で見ては落ち込むことも多くて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.