くらし情報『25周年の神木隆之介、母の一言で貪欲に 転機は『桐島』で鑑賞後は「立てなかった」』

2020年9月25日 06:00

25周年の神木隆之介、母の一言で貪欲に 転機は『桐島』で鑑賞後は「立てなかった」

アニバーサリーブック『おもて神木/うら神木』を発売する神木隆之介 (C)ORICON NewS inc.

アニバーサリーブック『おもて神木/うら神木』を発売する神木隆之介 (C)ORICON NewS inc.


今年デビュー25周年イヤーを迎えた俳優の神木隆之介(27)が、きょう9月25日にアニバーサリーブック『おもて神木/うら神木』を発売する。俳優としての“おもて”と、27歳の1人の男性としての“うら”と、2つの面から神木隆之介をひも解く内容で、25年という神木のキャリアと人間性があったからこそ実現した、豪華企画が満載となっている。ORICON NEWSは神木にインタビューを実施。アニバーサリーブックの見どころのほか、俳優としての転機や、これからの“神木隆之介”について語ってもらった。

■“幼なじみ”と作ったアニバーサリーブックは「とても愛おしい本」

――アニバーサリーブックの見どころを教えてください

【神木】25年やらせていただいて、『おもて』の方では今までお仕事、どういう活動をしていたのかを一冊で振り返ることができる本になっています。結構、細かい作品までピックアップしてくださり、当時の監督さんに詳しく話を聞いて掘り下げていただいています。1番、最初のレギュラーが『グッドニュース』(1999年TBS系ドラマ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.