くらし情報『松本潤、体を張って超人的ヒーロー技を表現 体力勝負で「見ごたえのある作品に」』

2020年9月29日 04:00

松本潤、体を張って超人的ヒーロー技を表現 体力勝負で「見ごたえのある作品に」

「ルルアタック」新テレビCM『カゼの声』篇に出演する松本潤(嵐)

「ルルアタック」新テレビCM『カゼの声』篇に出演する松本潤(嵐)


人気グループ・嵐の松本潤がブランドキャラクターを務めるかぜ薬『ルルアタック』シリーズ新テレビCM『カゼの声』篇が29日より放送。超人的な身体能力を持つヒーローを自力で表現した松本は「いろいろなアクションをやらせていただきましたが、今回も見ごたえのある作品になっていると思います」と自信をみせている。

2018年より世界をカゼから救うヒーロー“ルルアタッカー”にふんしてきた松本。今回のCMでも、つらいせきに苦しむ人々を、超人的な能力で素早く察知し、必殺技の「速攻アタック」によって解決する様が描かれる。

前作までのアクション表現は、フルハーネス型の安全帯を装着してジャンプするワイヤーアクションや、リング型のハーネスを装着してのスピンシーン撮影などの手法が取られてきたが、今回は松本が「ワイヤーを使わずに、なるべく自力でアクションにチャレンジしています」と身体を張った撮影となった。

街の中を疾走するシーンでは、25メートルの距離をリハーサルと本番合わせて6本のダッシュ走、加えてカゼの症状に苦しむ人を発見するシーンでは10メートルの距離を5本、さらには1.5メートルの高さの台からの飛び降りジャンプ、スタッフにサポートをしてもらいながらの最高到達点が6メートルにもなる組み立てやぐらの上でのアタックポーズなど、まるでサーキットトレーニングをこなしているかのような体力勝負の内容に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.