くらし情報『清原果耶、朝ドラ『おかえりモネ』宮城・登米で撮入「頑張らなければ」』

2020年9月30日 19:55

清原果耶、朝ドラ『おかえりモネ』宮城・登米で撮入「頑張らなければ」

2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロイン・永浦百音を演じる清原果耶 (C)NHK

2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロイン・永浦百音を演じる清原果耶 (C)NHK


女優の清原果耶が9月30日、宮城県登米市登米町で撮影中の2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK、来年春スタート)について取材に応じた。同作の撮影は今月28日に登米で始まり、11月の中旬ころまで、登米と気仙沼で撮影を行う予定となっている。

同作は、宮城・気仙沼で生まれ育ち、その後、登米で天気の魅力、可能性に目覚めて気象予報士の資格を取り、やがて東京に出てきたヒロイン・永浦百音が、さまざまなことが天気に関わっているということを経験。故郷や家族、仲間のために何ができるかを考えながら成長していく物語。

この日、清原は「連続テレビ小説『あさが来た』で女優としてデビューしたので、こうして2021年の『おかえりモネ』でヒロインを務めさせていただけるというのは本当にご縁を感じますし、頑張らなければ、と思う」とあいさつ。

物語の舞台となる登米を訪れ、「私自身、森林に行く機会はめったになかったので、下見や撮影で足を運んで、自然の余裕というか、自然が私たちに与えてくれる心の穏やかさを感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.