くらし情報『コシノジュンコ氏“能+ファッション”のこだわり「あくまでもお能を尊敬して…」』

2020年10月26日 18:26

コシノジュンコ氏“能+ファッション”のこだわり「あくまでもお能を尊敬して…」

舞台芸術『能+ファッション“継承される伝統と現代の融合”』の記者会見に出席した(左から)観世清和氏、コシノジュンコ氏 (C)ORICON NewS inc.

舞台芸術『能+ファッション“継承される伝統と現代の融合”』の記者会見に出席した(左から)観世清和氏、コシノジュンコ氏 (C)ORICON NewS inc.


舞台芸術『能+ファッション“継承される伝統と現代の融合”』の記者会見が26日、東京・銀座の観世能楽堂で行われ、ファッションデザイナー/総合プロデューサーのコシノジュンコ氏、二十六世観世宗家・観世清和氏が出席した。

同公演は、伝統芸術「能楽」の二十六世観世宗家である清和氏と、現代性に未来を織り込んでデザインを行うコシノ氏が「継承される伝統と現代の融合」のテーマのもと「ファッションショーと能の演目」という二部構成で11月9日に上演する。

第一部は、「能とファッション」という異なる要素が高次元に融合した舞台芸術を表現し、「日本の美」を強烈に訴えかける。観世能楽堂へのプロジェクションマッピングによって融合した未来芸術から始まり、観世流能楽師の「風神雷神」と日本の美意識を表現したファッションショーを展開(特別出演:観世三郎太氏)。第二部では、清和氏による、美女一行の舞と派手な激闘と劇的な構成で、初心者でも親しみやすい「紅葉狩 鬼揃」を、コシノ氏による舞台装置(塚)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.