くらし情報『“めるる”生見愛瑠、メガネベストドレッサーに感激「こんなに重いトロフィーは初めて」』

2020年10月27日 18:34

“めるる”生見愛瑠、メガネベストドレッサーに感激「こんなに重いトロフィーは初めて」

メガネベストドレッサーに感激した生見愛瑠 (C)ORICON NewS inc.

メガネベストドレッサーに感激した生見愛瑠 (C)ORICON NewS inc.


モデルの「めるる」こと生見愛瑠が、メガネが最も似合う各界の著名人に贈られる『第33回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』の「特別賞SDGs部門」に選出され27日、東京ビッグサイトで行われた表彰式に出席した。

受賞スピーチで「こんなに重いトロフィーは初めて。ドキドキしています!」と目を輝かせた生見。「私は普段お家でメガネをかけたり、学校の授業でかけているので、こんな賞を頂けるとは思っていなかったです」と喜びながら「(高校)卒業を機会に大人なメガネに挑戦したいと思っていました。この賞を機にいろんな眼鏡をかけたい、写真もたくさん撮りたいなと思います」と声を弾ませた。

そのほか、「政界部門」を内閣官房長官の加藤勝信氏、「文化界部門」をキャスターの古舘伊知郎、「芸能界部門」を俳優の中井貴一、女優の吉田羊、「サングラス部門」を俳優の滝藤賢一、モデルの藤田ニコル、「芸人部門」をよしもとメガネ選抜(銀シャリ・橋本直、アインシュタイン・稲田直樹、相席スタート・山崎ケイ、ミキ)が受賞した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.