くらし情報『一足早い『新語流行語大賞』予想 コロナ、半沢、鬼滅…果たして今年の象徴となるワードは?』

2020年10月30日 08:40

一足早い『新語流行語大賞』予想 コロナ、半沢、鬼滅…果たして今年の象徴となるワードは?

ORICON NEWSの調査で選ばれた今年の「新語・流行語大賞」の予想TOP3 (C)oricon ME inc.

ORICON NEWSの調査で選ばれた今年の「新語・流行語大賞」の予想TOP3 (C)oricon ME inc.


今年1年間に生まれた「ことば」の中から、世相を反映し、話題に上がった新語流行語を選ぶ年末恒例の『ユーキャン新語流行語大賞』。今年は日本だけではなく、世界中が新型コロナウイルス関連の話題に一色になった年。自粛ムードが続く中でも、新しい生活様式を取り入れ、その中での楽しみや流行もあった。そこでORICON NEWSでは一足早く、2020年流行語大賞予想のアンケート調査を実施。『コロナ禍』、『半沢直樹』、『鬼滅の刃』等々、良い意味でも悪い意味でも今年を象徴する社会現象が巻き起こった2020年。果たして“前哨戦”となる今回、ユーザーが選んだワードは?

■幅広い世代に浸透聞きなれなかった言葉が新しい生活様式を代表するワードに

コロナ禍で感染予防を目的に人と人の間に十分な距離を保つ際に使われていた【ソーシャルディスタンス】が、今回の流行語予想では1位に。20、30、50代で1位、10、40代も2位と全世代に浸透した言葉だったことがうかがえる。

「社会的距離」という、本来は他者との心理的距離をとる意味合いの言葉であるが、コロナ禍で小池百合子東京都知事や、SNS等で使われることで大人だけではなく、小さな子どもの間でも使われるようになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.