くらし情報『坂口健太郎主演『シグナル』SPドラマで3年ぶり復活 原作人気エピソード映像化』

2021年2月12日 12:00

坂口健太郎主演『シグナル』SPドラマで3年ぶり復活 原作人気エピソード映像化

3月30日放送のドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』メインビジュアル (C)カンテレ

3月30日放送のドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』メインビジュアル (C)カンテレ


俳優の坂口健太郎が主演するカンテレ・フジテレビ系SPドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』が、3月30日に放送が決定した(後9:30)。謎の無線機が“現在”と“過去”の二人の刑事をつなぎ、さまざまな未解決事件を解決していく2018年放送の連ドラ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の続編。今作でも“現在”を生きる刑事・三枝健人(さえぐさ・けんと)を坂口が演じ、北村一輝が演じる“過去”を生きる熱血刑事・大山剛志(おおやま・たけし)と再びタッグを組む。

3年ぶりの新作となる今作は、連ドラ最終回の直後からはじまり、それから2年後の2020年に舞台を移す。「20年前に自殺したはずの恋人を探してほしい」と、最愛の人を追い求める男の事件を追う。今回は、原作の韓国ドラマ『シグナル』の中でも特に人気が高かったストーリーを映像化。連ドラでは描くことができなかった珠玉のエピソードとなる。坂口、北村ほか、前作キャストの吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋らも出演する。

このほど、ポスタービジュアルが一部解禁。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.