くらし情報『松本まりか、連続ドラマ初主演「ずっと求めていた作品」 舞台・小説と連動プロジェクト』

2021年2月14日 06:00

松本まりか、連続ドラマ初主演「ずっと求めていた作品」 舞台・小説と連動プロジェクト

松本まりか、連続ドラマ初主演『WOWOWオリジナルドラマ向こうの果て』(5月14日スタート)どこか無垢で危うい主人公の内面と、そこからにじみ出る陰の部分を印象的に表現したキービジュアル

松本まりか、連続ドラマ初主演『WOWOWオリジナルドラマ向こうの果て』(5月14日スタート)どこか無垢で危うい主人公の内面と、そこからにじみ出る陰の部分を印象的に表現したキービジュアル


女優の松本まりかが、『WOWOWオリジナルドラマ向こうの果て』(5月14日スタート、毎週金曜後11:00~放送・配信、全8話※第1話無料放送)で主演を務めることが明らかになった。これが連続ドラマ初主演作となる松本は「台本を読んでみると、体が疼き、自分の細胞が目を覚ましていくような感覚でした。こういう作品をやってみたかったですし、ずっと求めていたような作品です」と語り、気合十分な様子だ。

この『向こうの果て』は、ドラマ・舞台・小説の3つのコンテンツで展開するオリジナルシナリオの連動プロジェクト。ドラマ版・舞台版の脚本と小説を書き下ろすのは、ゴツプロ!の座付き作家でもある脚本家・竹田新氏。夜叉のような女、娼婦のような女、嘘つきな女、柔らかな女、太陽のような女…“いくつもの素顔”をもつ女の物語。

時は、昭和60年(1985年)の東京。痴情のもつれから、アパートの一室で放火殺人が発生する。逮捕された池松律子(松本)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.