くらし情報『山崎育三郎&市原隼人、クライマックスの殴り合いは「まるで愛し合っているかのよう」』

2021年4月9日 08:00

山崎育三郎&市原隼人、クライマックスの殴り合いは「まるで愛し合っているかのよう」

2週連続ドラマ『殴り愛、炎』後編(4月9日放送)主演の山崎育三郎(左)とライバル役で共演する市原隼人(右) (C)ORICON NewS inc.

2週連続ドラマ『殴り愛、炎』後編(4月9日放送)主演の山崎育三郎(左)とライバル役で共演する市原隼人(右) (C)ORICON NewS inc.


テレビ朝日系2週連続ドラマ『殴り愛、炎』の後編が9日(後11:15~深0:15※一部地域を除く)に放送される。2日に放送された前編で火が付いた、山崎育三郎演じる心臓外科のスーパードクター・明田光男と、市原隼人演じる陶芸家の緒川信彦の“殴り愛”。

文句なしのエリートだった光男が、自身の婚約者である看護師・豊田秀実(瀧本美織)の初恋の人・信彦の出現によって、猛烈な嫉妬心と執着心を燃え上がらせ、壊れていった前編。そのラストで光男は、秀実と信彦の密会を双眼鏡で監視。完全にストーカー化というか、「ここにいるよ~」と2人の前に現れ、『奪い愛、冬』の“水野美紀化”。信彦に対して“愛の拳”を振り上げてしまう。一方、信彦も「秀実が光男のDVに悩んでいる」という作り話を信じ、殴り返す。

信彦が将来有望な陶芸家ということから容易に察しがついた、期待通り(?)のろくろを一緒に回すシーンもあり、秀実に「映画の『ゴースト』みたいだね」と言わせて、視聴者にツッコませない策(?)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.