くらし情報『松下奈緒&徳重聡でドラマ化『裕さんの女房』の石原裕次郎とは?』

2021年4月17日 12:30

松下奈緒&徳重聡でドラマ化『裕さんの女房』の石原裕次郎とは?

特集ドラマ『裕さんの女房』BSプレミアムで4月17日午後9時から放送(左から)石原まき子(松下奈緒)、石原裕次郎(徳重聡) (C)NHK

特集ドラマ『裕さんの女房』BSプレミアムで4月17日午後9時から放送(左から)石原まき子(松下奈緒)、石原裕次郎(徳重聡) (C)NHK


NHK・BSプレミアムで17日、特集ドラマ『裕さんの女房』(後9:00~10:59)が放送される。タイトルの“裕さん”とは、戦後日本が生んだ最大の映画スターであり、歌手としても多くの大ヒットを飛ばし、今も多くのファンに愛され続けている石原裕次郎さんのこと。1987年7月17日に52歳の若さで亡くなってから今年で34年が経とうとしている。このドラマは、裕次郎さんの妻、石原まき子さんを主人公に描く夫婦の愛の物語だ。石原まき子を松下奈緒、石原裕次郎を徳重聡が演じる。

まき子さんは、1952年、松竹映画『君の名は』でデビュー。木下恵介監督の命名で芸名を北原三枝に変え、54年より日活へ移籍し、トップスター女優となる。56年、日活映画『狂った果実』でまだ学生だった裕次郎さんと初共演。2人が共演した『嵐を呼ぶ男』(57年)の爆発的大ヒットで、裕次郎さんは一躍国民的スターとなる。共演を重ねるうち恋に落ち、結婚を決意した2人だったが、日活の専属スター同士の結婚に会社が反対。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.