くらし情報『武井壮『カムカムエヴリバディ』で“帝国軍人”役 連続テレビ小説初出演』

2021年4月20日 11:17

武井壮『カムカムエヴリバディ』で“帝国軍人”役 連続テレビ小説初出演

神田猛役・武井壮

神田猛役・武井壮


タレントの武井壮が今年後期のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演することが発表された。武井は『花子とアン』のスピンオフ『朝市の嫁さん』に出演しているが、連続テレビ小説に出演するのは今回が初となる。

本作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀氏が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。3人のヒロイン、安子(やすこ)・るい・ひなたが、母から娘へとバトンをつなぎ、戦前から戦後、そして令和までの物語を紡いでいく。安子役は上白石萌音、るい役を深津絵里、ひなた役を川栄李奈が演じる。

武井は帝国軍人の神田猛(かんだ・たけし)役。SixTONES・松村北斗演じる雉真稔(きじま・みのる)の実家が営む繊維企業「雉真繊維」の製品品質を高く評価し、取り引きをおこなってきた。戦争が近づくなか、雉真繊維にさらなる軍服の製造発注を依頼するという役どころになる。

今作の出演に、武井は「連続テレビ小説『花子とアン』 のスピンオフ『朝市の嫁さん』以来の朝ドラ出演になり、出演シーンは少ないですが作品に携わることができて本当に うれしいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.