くらし情報『アイドルグループ脱退で違約金 訴えられた元メンバーが反論 薄給&激務で「死のうとすら思った」』

2021年4月21日 16:19

アイドルグループ脱退で違約金 訴えられた元メンバーが反論 薄給&激務で「死のうとすら思った」

BREAK THROUGHの元メンバー・新澤典将さん

BREAK THROUGHの元メンバー・新澤典将さん


アイドルグループ・BREAK THROUGHの元メンバー・新澤典将さんが21日、都内で会見を開き、所属していた事務所・ファーストシンクからコンサートなどの無断欠席や無断脱退した契約違反による違約金989万円を求められた訴訟について、当時の実情を交え反論した。弁護士によると、請求棄却を求め、全面的に争うという。

新澤さんは、2019年1月に事務所と契約。その際、専属マネジメント契約書に、メンバーの承諾ない脱退など「1つの違反につき違約金200万円を支払わなくてはならない」という条項があったものの、自身の夢のためにサインした。

契約では、給料は歩合制とされていたが、実際は固定給だった。繁忙期になると休日も月に1日あるかないか。「ライブで女装しよう」などと提案されるなど、次第に体力・精神的にも限界となり、19年12月に適応障害と診断された。20年7月に病気を理由に脱退を申し出るも、面談で事務所の実質的な経営者から「辞めるならば3年間いるのか、お金払って辞めるかのどちらかの選択肢しかない」などと言われたという。

新澤さんは弁護士に相談し、20年8月に契約解除の内容証明を事務所に送付。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.