くらし情報『岡本圭人、父・健一と舞台で親子役 単独初主演で「全力を尽くします」』

2021年4月21日 04:00

岡本圭人、父・健一と舞台で親子役 単独初主演で「全力を尽くします」

舞台『Le Fils 息子』で共演する(左から)岡本健一、岡本圭人

舞台『Le Fils 息子』で共演する(左から)岡本健一、岡本圭人


俳優の岡本圭人(28)が8月30日から9月12日まで東京芸術劇場・プレイハウスにて上演される舞台『Le Fils 息子』で単独初主演を務めることがわかった。今月、人気グループ・Hey! Say! JUMPを脱退し、俳優業を中心に活動していく圭人にとって新たなスタートを切ることとなる今作で、実父・岡本健一(51)と親子役で共演を果たす。また、自身初のストレートプレイにも挑戦する。

同舞台は世界13ヶ国で上演され、タイムズ紙をはじめ各紙で絶賛された傑作。若手劇作家・フロリアン・ゼレール氏の脚本、ラディスラス・ショラー氏の演出で送る東京芸術劇場の企画第2弾。今回が日本初演となる。ゼレール氏の『家族三部作』の3作目となり、最も悲劇的で普遍的と言われる今作は、思春期の絶望と不安にさいなまれながら必死にもがく息子と、愛によって息子を救おうとする父親を描く、家族の物語。

なお、2作目の『Le Pere 父』は2020年にアンソニー・ホプキンス主演、ゼレール氏自身が初監督を務めて『ファーザー』のタイトルで映画化。今年の第93回アカデミー賞に作品賞をはじめ6部門にノミネートされるなど、映画監督としても高い評価を得た。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.