くらし情報『本郷奏多『きみセカ』竹内涼真との熱演合戦に手応え「すごくエネルギーを使った」』

2021年4月22日 10:00

本郷奏多『きみセカ』竹内涼真との熱演合戦に手応え「すごくエネルギーを使った」

『君と世界が終わる日に』Season2に出演する本郷奏多 (C)Hulu

『君と世界が終わる日に』Season2に出演する本郷奏多 (C)Hulu


俳優の本郷奏多が出演するHuluオリジナル『君と世界が終わる日に』Season2が、25日午前0時の配信で最終話(第6話)を迎える。Season2からの新キャラクターで新たな舞台となるシェルター「希望の家」のリーダー的存在の秋吉蓮を演じる本郷からコメントとメイキング映像が到着。竹内涼真演じる主人公・響と対立する秋吉を演じた本郷は2人のシーンについて「すごくエネルギーを使った」と熱演合戦に手応えをにじませている。

ゴーレムから逃れ、やっと再会し一緒に暮らし始めた響と来美(中条あやみ)に平穏な日々が戻ったように見えたその矢先、来美のゴーレムウイルス感染が発覚するという、衝撃の幕開けからスタートしたSeason2。パワーアップしたゾンビとのアクションシーンや、登場人物が次々と死んでいく衝撃の展開、厳しい状況の中で試される仲間の絆や、“生きる屍”=ゴーレムを操る“黒幕”の正体などが話題を呼んでいる。

秋吉役について本郷は「ある種世間知らずなところも多いし、外はゴーレムが溢れかえっているなか、安全な中でずっと生活していたというキャラクターだったので、サバイバルを潜り抜けてきた響達とは本当に対局にいるような存在だと思うんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.