くらし情報『小林賢太郎氏が謝罪「愚かな言葉選びを反省」 五輪ショーディレクター解任受け』

2021年7月22日 15:36

小林賢太郎氏が謝罪「愚かな言葉選びを反省」 五輪ショーディレクター解任受け

小林賢太郎氏、五輪開会式演出担当を解任

小林賢太郎氏、五輪開会式演出担当を解任


東京2020オリンピック開閉会式の「ショーディレクター」を解任された元ラーメンズの小林賢太郎氏(48)が22日、大会組織委を通じコメントを発表した。

小林氏は、ユダヤ人大虐殺(ホロコースト)をやゆした過去のコント映像などがSNSで拡散。日本時間22日には米ユダヤ人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が非難声明を発表するなど騒動が拡大し、同日、ディレクターの任を解かれた。

コメントを寄せた小林氏は「小林賢太郎と申します。私は元コメディアンで、引退後の今はエンターテインメントに裏方として携わっています。かつて私が書いたコントのセリフの中に、不適切な表現があったというご指摘をいただきました。確かにご指摘のとおり、1998年に発売された若手芸人を紹介するビデオソフトの中で、私が書いたコントのセリフに、極めて不謹慎な表現が含まれていました」と過去の発言を認めた。

続けて「ご指摘を受け、当時のことを思い返しました。思うように人を笑わせられなくて、浅はかに人の気を引こうとしていた頃だと思います。その後、自分でも良くないと思い、考えを改め、人を傷つけない笑いを目指すようになっていきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.