くらし情報『戸塚祥太、地上波恋愛ドラマ初主演 高田夏帆と“うぶキュン”なラブシーン』

2021年9月21日 07:00

戸塚祥太、地上波恋愛ドラマ初主演 高田夏帆と“うぶキュン”なラブシーン

『凛子さんはシてみたい』で“W主演”を務める高田夏帆&戸塚祥太(C)「凛子さんはシてみたい」 製作委員会・MBS

『凛子さんはシてみたい』で“W主演”を務める高田夏帆&戸塚祥太(C)「凛子さんはシてみたい」 製作委員会・MBS


女優の高田夏帆、人気グループ・A.B.C-Zの戸塚祥太が、10月19日スタートのMBS/TBSドラマイズム『凛子さんはシてみたい』で“W主演”を務めることが決定した。今作で地上波の恋愛ドラマで初主演を飾る戸塚が、高田とともにオトナの「はじめて」をぎゅぎゅっと詰め込んだ“うぶキュン”ラブストーリーに挑む。

藤田みお氏の人気漫画を実写化した同ドラマは、容姿端麗で仕事もパーフェクトな男女2人が、性体験がないというコンプレックスを共有し、不器用なりにもハジメテを知っていくという、こじらせオトナの純愛ラブストーリー。

物語の主人公は、27歳にしてウェディングプランナーのチーフに昇格し、地位、名誉、憧れ、羨望のすべてを得た、誰もが認める“いい女”雨樹凛子(高田)。彼女には誰も言えないコンプレックスがあった。それは27歳にして、未だ処女だということ。一方、同期の上坂弦(戸塚)は同じく27歳にして、契約数1位を誇り、容姿端麗でミステリアスなため女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子。ある日、偶然にも、弦が実は童貞だと知った凛子は、弦をラブホテルに誘う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.