くらし情報『新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間』が開幕 歌舞伎の手法をふんだんに取り入れ』

2022年1月3日 21:36

新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間』が開幕 歌舞伎の手法をふんだんに取り入れ

『プペル~天明の護美人間~』(左から)プペル=市川海老蔵、はる=市川ぼたん(C)松竹

『プペル~天明の護美人間~』(左から)プペル=市川海老蔵、はる=市川ぼたん(C)松竹


新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間』が3日、東京・新橋演舞場で初日公演が行われた。

市川海老蔵、市川ぼたん、堀越勸玄の親子3人が共演。原作は、キングコング・西野亮廣による絵本『えんとつ町のプペル』。ゴミ人間プペルと、父が遺した言葉を信じる少年ルビッチが、お互いの友情を信じ、新たな世界に飛び出してゆく奇跡のファンタジー物語。歌舞伎として舞台化するにあたっては、原作の西野自らが脚本を担当している。主人公のプペル役ほか4役を海老蔵が、市川ぼたんと堀越勸玄はプペルのともだち・はるを交互出演で務める。「荒事」「だんまり」「ぶっ返り」「立廻り」など歌舞伎特有の手法がたっぷり盛り込まれ、新たな歌舞伎作品として生み出された作品となっている。

時は江戸時代、黒い煙が立ち込める江戸の町。大きな拍手とともに花道へ登場したのははるの父・熊八(海老蔵)。何者かに斬り殺されてしまい花道スッポンに引っ込んだ海老蔵は、あっという間に2役目の心臓として舞台中央より再登場。赤と青のふん装で登場した海老蔵に会場は湧き上がった。続く大きな龍たちとの立廻りでは、心臓の鼓動を表現した和太鼓を海老蔵が打ち鳴らし、会場を一気に歌舞伎の世界へ誘う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.