くらし情報『『ワイド!スクランブル』第2部が初の年間民放トップ 1996年スタートの老舗番組が快挙』

2022年1月4日 17:09

『ワイド!スクランブル』第2部が初の年間民放トップ 1996年スタートの老舗番組が快挙

テレビ朝日『大下容子ワイド!スクランブル』より (C)テレビ朝日

テレビ朝日『大下容子ワイド!スクランブル』より (C)テレビ朝日


“最新ニュースをあたたかく、鋭く、わかりやすく”をコンセプトに、世の中で起きているさまざまなできごとを“ワイド”に伝えているテレビ朝日『大下容子ワイド!スクランブル 』。その第1部(前10:25~正午)の2021年1月から12月の年間平均視聴率が、個人全体3.0%、世帯6.0%を獲得し、8年連続年間横並びトップを達成した。また、第2部(正午~後1:00)は個人全体2・9%、世帯5.8%を獲得し、初の民放横並びトップの座に輝いた。

『ワイド!スクランブル』は、1996年4月1日、水前寺清子と中村克洋をメインキャスターに据えて開幕。1998年秋、大和田獏と大下容子アナウンサーのコンビにキャスターを交代。その後、橋本大二郎とのコンビなどを経て、2018年秋には大下アナがメインキャスターに就任。2019年4月には大下アナの名を冠した『大下容子ワイド!スクランブル』として新たなスタートを切った。現在、男性メインキャスターは、佐々木亮太アナウンサーが務めている。

第1部では、注目のニュースだけでなく、午前中に起きた速報にも対応。独自の目線で展開する“ピックアップNEWS”のコーナーでは、海外ニュースなど多岐にわたる話題を硬軟織り交ぜて紹介している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.