くらし情報『乃木坂46、過去最多8人が新成人 “新・華の2001年組世代”と命名』

2022年1月7日 17:00

乃木坂46、過去最多8人が新成人 “新・華の2001年組世代”と命名

乃木坂46(左から)佐藤璃果、金川紗耶、阪口珠美、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香、中村麗乃、北川悠里 (C)ORICON NewS inc.

乃木坂46(左から)佐藤璃果、金川紗耶、阪口珠美、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香、中村麗乃、北川悠里 (C)ORICON NewS inc.


人気アイドルグループ・乃木坂46の新成人メンバーの久保史緒里、阪口珠美、中村麗乃、遠藤さくら、賀喜遥香、金川紗耶、北川悠理、佐藤璃果が7日、東京・乃木神社で成人式を行った。恒例の質問でもある「○○世代」でネーミングを求められると、「新・華の2001年組世代」と命名した。

ファンと報道陣がつめかけた乃木神社の境内に、過去最多8人の新成人メンバーが鳥居の前で一礼して登場し、本殿内での祈祷を終えるとカメラの前で艶やかな振袖姿を披露した。今年は、昨年いっぱいで卒業した生田絵梨花と歌唱力では引けを取らない久保、センターポジションを経験し次世代のエースとして名高い遠藤、賀喜などが新成人となった。

1994年生まれの井上小百合、桜井玲香、中田花奈、永島聖羅、西野七瀬、能條愛未、若月佑美の7人が当時「自称・華の94年組」と命名したことを受け、久保は「今回が10回目の成人式で最多人数。94年組の先輩方は全員卒業されて、その世代を我々も見てきました。我々からさらに盛り上げいきたいという気持ちも込めて、おこがましいですが、先輩方のお名前をお借りして『新・華の2001年組世代』にさせていただきたいと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.