くらし情報『『真犯人フラグ』“真相編”開幕で娘・光莉が衝撃告白 第11話あらすじ公開』

2022年1月8日 08:00

『真犯人フラグ』“真相編”開幕で娘・光莉が衝撃告白 第11話あらすじ公開

『真犯人フラグ』第11話場面カット (C)日本テレビ

『真犯人フラグ』第11話場面カット (C)日本テレビ


俳優の西島秀俊が主演する日本テレビ系連続ドラマ『真犯人フラグ』(毎週日曜後10:30)第11話が9日放送される。このほど、場面カットとあらすじが公開された。

今作は企画・原案の秋元康氏はじめ、大ヒットした同局連ドラ『あなたの番です』(2019)制作スタッフが集結し、来年1月期まで2クール連続で放送。平凡なサラリーマンの凌介は、妻・真帆と高校生の娘と小学生の息子がある日突然、謎の失踪を遂げ“疑惑の夫”として世間の注目を浴びることになる。「あのダンナが殺したんじゃないの?」と、家族を殺害した“真犯人フラグ”を立てられながらも、頼れる部下・二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借り、真実を暴く戦いに挑んでいく。

■第11話あらすじ

凌介(西島秀俊)は、阿久津(渋川清彦)らに任意同行を求められて警察へ。凌介は連日、事情聴取を受ける。凌介は篤斗(小林優仁)の病院へ向かうが、“参考人と被害者”であることから、会わせてもらえない。

会社でも退職を促され、憔悴(しょうすい)する凌介。一方、『至上の時』の作戦会議では、林(深水元基)の行方を捜すことで意見が一致。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.