くらし情報『『セイバー』山口貴也、8年で何も変わらない倫太郎へ「これでいい」 注目ポイントは芽依との関係?』

2022年1月12日 14:53

『セイバー』山口貴也、8年で何も変わらない倫太郎へ「これでいい」 注目ポイントは芽依との関係?

Vシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の完成披露舞台あいさつに参加した山口貴也 (C)ORICON NewS inc.

Vシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の完成披露舞台あいさつに参加した山口貴也 (C)ORICON NewS inc.


俳優の内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、女優の川津明日香、飛鳥凛、上堀内佳寿也監督が12日、都内で行われたVシネクスト『仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏』の完成披露舞台あいさつに参加した。

本作は、テレビシリーズから8年後を描き、レギュラーキャスト陣も装いが変わっている中で、山口演じる新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズは、そのままに。それぞれ8年後の衣装のこだわりを語る中、山口は「(所属する)ソードオブロゴスの長なので。忙しいんです。ファッションとかじゃなくて剣士として、このユニフォームで世界の均衡を守っている。これでいいと思います!」と断言。会場から大きな拍手を受けていた。

ただ、自身の8年後のイメージを問われると「8年経っても僕は髪型も衣装も変わらなかった…。(金髪で登場した内藤を見ながら)彼みたいな金髪の役もやってみたいです」と本音もちらり。そして「2年前ぐらいに『セイバー』の撮影がスタートした。ちょうど10年くらいになるので、集まれたらいいな」と思い描いていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.