くらし情報『『ブルーモーメント』第5話 立花(真矢ミキ)の夫・沢渡(橋本じゅん)がSDM警察班統括責任者として配属』

2024年5月22日 07:00

『ブルーモーメント』第5話 立花(真矢ミキ)の夫・沢渡(橋本じゅん)がSDM警察班統括責任者として配属

水10『ブルーモーメント』第5話より(C)フジテレビ

水10『ブルーモーメント』第5話より(C)フジテレビ


歌手・俳優の山下智久が主演を務める、フジテレビ系4月期水10ドラマ『ブルーモーメント』(毎週水曜後10:00)の第5話が、22日に放送される。それを前にあらすじと場面写真が解禁された。

本作は、現在『COMIC BRIDGE』(KADOKAWA)で連載中の小沢かな氏による『BLUE MOMENT』が原作。ドラマは、甚大な気象災害によって脅かされる人命を守るべく、知恵と知識を駆使して現場の最前線で、命がけで救助に立ち向かうSDM本部(特別災害対策本部)メンバーの奮闘物語となる。山下はSDM本部のチーフ/気象研究官を務める主人公・晴原、ヒロインの出口夏希は、気象庁気象研究所の研究助手・雲田彩を演じる。

■第5話あらすじ
総務大臣・立花藍(真矢ミキ)の夫で警察官の沢渡満(橋本じゅん)が、園部灯(本田翼)の生きている最後の姿を見たと晴原柑九朗(山下)に声をかけてきた。そして、「自分と妻は灯の行動によって人生を狂わされた」という謎の言葉も残す。

その沢渡が立花の推薦でSDM警察班統括責任者として配属されてくる。
沢渡は、自分はSDMの問題を炙り出し、SDM自体を潰す「スパイ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.