くらし情報『日向坂46松田好花「希望を感じるライブだった」齊藤京子卒コン&『ひな誕祭』を振り返る “表題曲センター”への思いも【インタビュー後編】』

2024年5月28日 07:30

日向坂46松田好花「希望を感じるライブだった」齊藤京子卒コン&『ひな誕祭』を振り返る “表題曲センター”への思いも【インタビュー後編】

1st写真集『振り向いて』を発売した松田好花撮影/谷脇貢史(C)ORICON NewS inc.

1st写真集『振り向いて』を発売した松田好花撮影/谷脇貢史(C)ORICON NewS inc.


今年で5周年を迎えた日向坂46は、4月5日にはグループを支え続けた1期生・齊藤京子の『卒業コンサート』、続けて6日・7日には5周年を祝うライブ『5回目のひな誕祭』を開催した。最新シングルでは初の選抜制も導入され、グループも変化を続けるなか、2期生の松田好花(25)にこの激動の3日間ライブへの思い、そして“センター”についての考えも語ってもらった。

■齊藤幸子の卒業を実感し”さみしさ”「メイクさんがずっと一緒だった」

――まず齊藤京子さんの卒コンは改めて振り返ってどんなライブでしたか。

【松田】“卒業コンサート”として行うのは日向坂46としては初めてで、さらには京子さんがセットリストや演出にかなり関わられていて、京子さんのやりたいことが凝縮されたライブだと聞いていたので、こちらもより気合が入りました。精一杯サポートしたいと思いましたし、京子さんのつくりたいものを私たちも一緒につくろうっていう気持ちで準備してきました。

――実際にライブ中はどんな思いでしたか?

【松田】より京子さんの偉大さを感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.