くらし情報『“奪う側”元夫(桐山漣)、隠された悲しい過去が明らかに 『肝臓を奪われた妻』第9話あらすじ』

2024年5月28日 09:34

“奪う側”元夫(桐山漣)、隠された悲しい過去が明らかに 『肝臓を奪われた妻』第9話あらすじ

日本テレビ系「ドラマDEEP『肝臓を奪われた妻』」第9話より(C)日本テレビ

日本テレビ系「ドラマDEEP『肝臓を奪われた妻』」第9話より(C)日本テレビ


俳優の伊原六花が主演を務める、日本テレビ系「ドラマDEEP『肝臓を奪われた妻』」(毎週火曜深0:24~深0:54)の第9話が、きょう28日に放送される。それに先立って、同話のあらすじと場面写真が公開された。

LINEマンガで累計閲覧数1億3300万ビューを超えた韓国発の人気漫画が原作。物語は、主人公・優香(伊原)が理不尽に肝臓を奪われてしまうという衝撃的な展開から始まる。誰しもが応援したくなる痛快な復讐劇となっている。しかし、単なる復讐ドラマでは終わらない。最愛の人から裏切られ、他人を信じられなくなった優香が、それでも支えてくれた温かい人たち、守るべき我が子のために、もう一度、愛を信じ、前を向いて歩いていく成長物語となっている。

優香の元夫・中村光星(桐山漣)は、テーブルにつき、妻・るり子(水崎綾女)からの離婚届を見つめる。
暗い部屋の中、光星の瞳には、その悲しい過去と秘密が映し出される。

光星は数年前、日本屈指の財閥・安藤グループのご令嬢・るり子と付き合い始めた。母・聖子(櫻井淳子)と妹・弘子(加藤千尋)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.