くらし情報『『アンチヒーロー』最終回でも“真犯人”判明せず 赤峰覚醒が「続編フラグ?」と考察も』

『アンチヒーロー』最終回でも“真犯人”判明せず 赤峰覚醒が「続編フラグ?」と考察も

日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS

日曜劇場『アンチヒーロー』の場面カット(C)TBS


俳優の長谷川博己が主演を務める、TBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(毎週日曜後9:00)の最終回が16日に放送され、早くも続編を熱望する声が多数あがっている。

本作は「弁護士ドラマ」という枠組みを超え、長谷川博己が演じるアンチヒーローを通して、視聴者に“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問いかけ、スピーディーな展開で次々に常識を覆す。正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう。まさにバタフライエフェクトのような、前代未聞の逆転パラドックスエンターテインメントを届ける。

最終回は、明墨(長谷川博己)を証拠隠滅罪に問う裁判が始まる。担当検事は伊達原(野村萬斎)。法廷で因縁の対決が繰り広げられる。12年前の事件、志水(緒形直人)の冤罪は証明されるのか…。
正義とは何か?アンチヒーローの結末は?すべての真相が明かされる…というストーリーだった。

ラストは、明墨と接見室で対峙した赤峰(北村匠海)が「不条理と戦うために“アンチヒーロー”が必要なのかもしれません。だから今度は僕があなたを無罪にしてさしあげます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.