くらし情報『「朝マック」7つのトリビア公開 「マフィン」の粉、「ハッシュドポテト」じゃがいもの正体ほか』

「朝マック」7つのトリビア公開 「マフィン」の粉、「ハッシュドポテト」じゃがいもの正体ほか

マクドナルドの「朝マック」

マクドナルドの「朝マック」


日本マクドナルドが20日、「ソーセージエッグマフィン」や「エッグマックマフィン」「ハッシュポテト」などを楽しめる朝10時半までのモーニングメニュー「朝マック」のトリビアを披露した。

「朝マック」が誕生したのは1985年2月。当時の「ブレックファストメニュー」として登場した。80年代の日本の会社員の多くは働き詰めで、忙しい毎日を過ごしており、そんな人たちに利便性が高く、スピーディーに朝食を提供できればという思いで誕生した。

「朝マック」の名前の由来は、当初は「ブレックファストメニュー」として販売していたが、いつしか来店客の中でマクドナルドの朝食を「朝マック」と呼ばれるようになり、そのネーミングが定着した。今ではマクドナルドで「朝マック」が「ブレックファストメニュー」の正式名称となっている。

「マフィン」が“でこぼこ”の秘密は、マフィンの内側をあえてでこぼこにすることで、それが焼きムラとなり、サクサクともちもち2つの食感を生み出せるから。

「マフィン」の上にかかっている粉の正体は、コーングリッツと言われるとうもろこしの粉。
コーングリッツを使用する事により、独特の風味と食感を出すことができ、サクサクとした食感とより豊かな風味の味わいが楽しめる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.