くらし情報『太田光“漫才論”から談志さんへの思い熱弁→宮迫騒動に急カーブ 粗品に「何されたの(笑)?」「芸人として面白い」』

太田光“漫才論”から談志さんへの思い熱弁→宮迫騒動に急カーブ 粗品に「何されたの(笑)?」「芸人として面白い」

太田光 (C)ORICON NewS inc.

太田光 (C)ORICON NewS inc.


お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、20日に配信された『太田×石井のデララバ』YouTubeチャンネルに登場。「太田さんは時事漫才以外の漫才をやったことはありますか?」との質問を受ける形で、漫才の形について語っていった。

太田は「ありますよ、もちろん。時事漫才って、どこからが時事漫才かって話ですけど。『小池百合子どうなんですかね?』とか、それはみんな時事漫才って受け止めるんだろうけど、例えば『最近、アプリが流行ってるよね?』とかっていうところから入るのって、時事ではあるけど流行り物ですから。そこから『アプリってこんなことがあってさ』って、とんでもないナンセンスの方に話が進んでいく。『こんな奴がアプリに参加したりしてさ』っていうところから入って、全然ナンセンスな方に行く漫才はやっているんですよ」と明かした。

続けて「時事漫才じゃないパターンでも、我々がやっていると時事漫才風に、お客さんが多分受け取ると思うの。
ちょっと前になりますけど、流行りの夢グループってあるんじゃない?(そこでの通販の様子をモチーフに)布団圧縮機を使って、いろんな人を圧縮していこうっていう流れで『こちらにいらっしゃるプーチンさん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.