くらし情報『“ほぼ全裸”女性ポスターが物議 作成した候補者が意図を説明「合法の範囲内という認識」 “警告”受け差し替えへ』

“ほぼ全裸”女性ポスターが物議 作成した候補者が意図を説明「合法の範囲内という認識」 “警告”受け差し替えへ

“ほぼ全裸”の女性ポスターを作成した候補者が意図を説明(画像は公式Xより)

“ほぼ全裸”の女性ポスターを作成した候補者が意図を説明(画像は公式Xより)


東京都知事選挙(7月7日投開票)のポスター掲示板に“ほぼ全裸”の女性のポスターが掲出され、SNSを中心に物議を醸している。このポスターを作成した候補者の男性が21日、警視庁から警告を受けたことを自身のXで明かした。

候補者の男性は「先ほど22時、警視庁に呼ばれて、社会的に問題視されているポスターについて、迷惑防止条例違反に当たる可能性があるとして『警告』を受けました」と報告。「公職選挙法上はどんな内容のポスターでも合法であること、また、過去に後藤輝樹氏や新藤かな氏も同レベルと考えられる肌の露出を行なったポスターを出していたことから、前例に習い、合法の範囲内という認識でこのポスターを作成した趣旨です」と説明した。

「今回の選挙にて、表現の自由の重要性を主張するため、また今の社会の道徳性を変えるために、このポスターを貼ったため、公権力から強制的に剥がす行為をさせられることは非常に無念ですが、私はあくまでルールの範囲内で、合法の範囲内で選挙を行う意向ですので、警視庁がルールを示した以上ポスターは速やかに剥がしていく予定です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.