くらし情報『来年大河・横浜流星、ネタバレ「大丈夫?」“べらぼう”な幕開け予告 いきなり火事→「普通の人だったらできない」行動に』

来年大河・横浜流星、ネタバレ「大丈夫?」“べらぼう”な幕開け予告 いきなり火事→「普通の人だったらできない」行動に

“べらぼう”な幕開けを予告した横浜流星(C)ORICON NewS inc.

“べらぼう”な幕開けを予告した横浜流星(C)ORICON NewS inc.


来年放送予定のNHK大河ドラマ『べらぼう~蔦重栄華乃夢噺(つたじゅうえいがのゆめばなし)~』の撮影がこのほど始まり、主演・横浜流星の取材会が21日、京都・太秦の松竹撮影所で行われた。放送開始日は来年1月5日に決定した。

NHK大河ドラマ第64作。放送100年を迎える2025年に、“江戸のメディア王”として時代の寵児となった蔦屋重三郎(横浜)の生涯を描く。親なし、金なし、画才なし…、ないない尽くしの生まれから、喜多川歌麿、葛飾北斎、山東京伝、東洲斎写楽らを世に送り出していく。脚本は森下佳子氏。

5月27日に関東近郊で収録スタートし、横浜は6月15日に京都でクランクイン。この日は、重三郎が江戸市中を歩くシーンなどが撮影された。
深い緑の着流し姿、ちょんまげ頭の横浜が、凛々しい姿を披露した。

重三郎役の魅力にふれ「やっぱり責任感じゃないですかね、度胸とか」といい、制作統括の藤並英樹氏に「(ネタバレ)大丈夫?」とささやき。「大丈夫」と確認をとると、「1話で吉原を良くしたいと奮闘するんですけど、誰も聞いてくれない。そういった時に出る行動があるんですけど、普通の人だったらできない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.