くらし情報『『光る君へ』いとに“いい人”が現れて… 惟規役・高杉真宙が心境【君かたり】』

『光る君へ』いとに“いい人”が現れて… 惟規役・高杉真宙が心境【君かたり】

大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK

大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK


大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜後8:00NHK総合ほか)キャストの撮影現場からのコメントを届ける「君かたり」が、同局の公式サイト内で更新された。今回は、藤原惟規を演じる高杉真宙の声を紹介する。

――惟規の成長
大学行く前とかっていうのは、かなり作法もめちゃくちゃであまり現代と変わらないお芝居だったように感じていたんですけど、第二十五回までになるともちろん崩れるところは崩れるのが惟規だとは思うんですけど、でもメリハリっていうのが出てきているなっていう印象で、そういったところに大人になったんだなって思う部分は感じますね。

――いとに“いい人”が現れて
幼いころからずっと付きっきりでみてもらっていたいとに、いい人ができるっていうのはどこか寂しい気持ちが最初はありましたね。なんか自分だけずっと面倒を見てもらっていて自分にだけずっと時間を割いてくれていた、いとが取られちゃうという気持ちが若干あったんですけど、母親代わり的な存在だと思うので…と思ったんですけど、でもやっぱりその中でも幸せになってほしいって気持ちはすごくあったので、寂しいやら喜ばしいやらっていう気持ちが少しあって複雑でした最初。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.