くらし情報『『アンメット』倒れたミヤビ、検査の結果 三瓶が決意「彼女が望んでいること」とは【最終回あらすじ】』

『アンメット』倒れたミヤビ、検査の結果 三瓶が決意「彼女が望んでいること」とは【最終回あらすじ】

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(C)カンテレ

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(C)カンテレ


俳優・杉咲花が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜後10:00)最終回(24日放送)のあらすじが公開された。

同作は、講談社『モーニング』で連載中の同名漫画を実写化。“記憶障害の脳外科医”ミヤビ(杉咲)が患者を全力で救い、自身も再生していく医療ヒューマンドラマ。アメリカ帰りの医師・三瓶(若葉竜也)の後押しで、ミヤビは再び脳外科医としての道を歩みだした。

前回の第10話までに、ミヤビの消えた2年間の記憶をめぐる謎や、記憶障害の原因、助かる方法などが明らかになった。

記憶障害の原因は、脳の中の「ノーマンズランド」(医学的に人がメスを入れてはならない領域)にあり、手術を成功させるには「ノーマンズランドにある0.5ミリ以下の血管を2分で縫う」ことが必要。それでも三瓶は諦めず、綾野(岡山天音)、星前(千葉雄大)、そして大迫(井浦新)も知恵を絞り…。

「早く続きが見たいけど、終わってほしくない…」という声も寄せられるなか、いよいよ最終話。


■最終回(第11話)あらすじ

ミヤビが激しい頭痛に襲われ、倒れた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.