くらし情報『『アンメット』吉瀬美智子から“花ちゃん”ミヤビへ「今日につながって、この日を迎えられた」【撮了コメント全文】』

『アンメット』吉瀬美智子から“花ちゃん”ミヤビへ「今日につながって、この日を迎えられた」【撮了コメント全文】

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』吉瀬美智子のクランクアップ風景(C)カンテレ

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』吉瀬美智子のクランクアップ風景(C)カンテレ


俳優・杉咲花が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜後10:00)が、24日に最終回を迎えるのを前に、津幡役・吉瀬美智子のクランクアップコメントが到着した。

同作は、講談社『モーニング』で連載中の同名漫画を実写化。“記憶障害の脳外科医”ミヤビ(杉咲)が患者を全力で救い、自身も再生していく医療ヒューマンドラマ。アメリカ帰りの医師・三瓶(若葉竜也)の後押しで、ミヤビは再び脳外科医としての道を歩みだした。

ミヤビの消えた2年間の記憶をめぐる謎や、記憶障害の原因、助かる方法などが明らかになり、いよいよ最終話となる。

■吉瀬美智子コメント
津幡師長の役をいただいて…緊張の連続でした。みなさんの意識が高くて、津幡は私じゃないほうがいいんじゃないのかと思ったこともありました。キャストのみなさん、そして花ちゃん。
いちばん近くで、芝居を助けてくれて、励ましてくれたことが今日(きょう)につながって、この日を迎えられたのだと思っています。みなさんにご迷惑をお掛けしたこともありましたけど、この仕事をやってきて、自分の中の引き出しが増えたなと感じています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.