くらし情報『おぎやはぎ・矢作、10年越しで購入熱望 35年前の世界66台限定真っ赤なスポーツカー』

おぎやはぎ・矢作、10年越しで購入熱望 35年前の世界66台限定真っ赤なスポーツカー

BS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』より(C)BS日テレ

BS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』より(C)BS日テレ


お笑いコンビ・おぎやはぎがMCを務めるBS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(毎週土曜後9:00)が、きょう22日に放送される。今回は、スピンオフ企画のガレージ探訪。番組の顧問でところざわ自動車学校の校長・澤田福衞氏のガレージを10年ぶりに訪れる。

伝説の“名車コレクター”として知られ、映画などに車両提供も行っている澤田氏。10年前には250台だった所有数は、約300台へとさらに増加。『スバル360』など、小ぶりな車から、「車検上はバイクです」という不思議なものまで、さまざまな車が所蔵されているなか、一行はアメ車、ヨーロッパ車の輸入車のガレージへ。

新旧さまざまな外国車が並ぶなか、おぎやはぎはある希少車と10年ぶりに再会する。その車は、ドアの開き方に特徴がある、世界で66台しか生産されなかった夢のスーパーカー。
10年前に訪れた際、真っ赤なボディが印象的なこの車に、おぎやはぎが試乗。その走りやデザインが気に入り、矢作兼は「売ってもらえません?」と購入を希望したが、あえなく断られてしまった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.