くらし情報『『笑うマトリョーシカ』水川あさみ、共演・玉山鉄二&櫻井翔について語る』

『笑うマトリョーシカ』水川あさみ、共演・玉山鉄二&櫻井翔について語る

金曜ドラマ『笑うマトリョーシカ』の場面カット (C)TBS

金曜ドラマ『笑うマトリョーシカ』の場面カット (C)TBS


俳優の水川あさみが主演、玉山鉄二、櫻井翔が共演する、TBS系連続ドラマ『笑うマトリョーシカ』(28日スタート毎週金曜後10:00)。このほど道上香苗役の水川あさみがインタビューに応じ、作品の魅力を語ってくれた。

早見和真氏の同名小説を実写化。真実を追う新聞記者・道上香苗を水川あさみ、謎多き秘書・鈴木俊哉を玉山鉄二、さらに物語をつかさどる若き政治家・清家一郎を櫻井翔が演じる。若き政治家と有能な秘書の奇妙な関係、栄光の裏で起きた数々の不審死…。そしてそれを追う新聞記者の強い執念。一瞬たりとも見逃せない“人間という迷宮”。誰もが持つ欲や野望に迫ったヒューマン政治サスペンスを描く。


――本作は近年数々の作品が映像化されている注目の作家・早見和真氏の原作を映像化しています。原作や脚本を読まれた際の印象を教えてください。
この作品にはたくさんの人物が出てきますが、それぞれキャラクターが立っていて、そんな彼らがどんなことを考えているのか、探りながら読み進めていくうちに物語にどんどん深くハマっていったというのが原作の印象です。原作では清家と鈴木の話の中に道上という記者がいますが、ドラマは道上の視点で2人の謎を追っていくので、道上の視点が視聴者の視点になっていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.