くらし情報『『笑うマトリョーシカ』櫻井翔、政治家役に戸惑いあった「貫禄、風格をどう出せばいいのか…」』

『笑うマトリョーシカ』櫻井翔、政治家役に戸惑いあった「貫禄、風格をどう出せばいいのか…」

金曜ドラマ『笑うマトリョーシカ』の場面カット (C)TBS

金曜ドラマ『笑うマトリョーシカ』の場面カット (C)TBS


俳優の水川あさみが主演、玉山鉄二、櫻井翔が共演する、TBS系連続ドラマ『笑うマトリョーシカ』(28日スタート毎週金曜後10:00)。このほどTBSドラマのレギュラー出演は“14年ぶり”となる清家一郎役の櫻井翔がインタビューに応じ、作品の魅力を語ってくれた。

早見和真氏の同名小説を実写化。真実を追う新聞記者・道上香苗を水川あさみ、謎多き秘書・鈴木俊哉を玉山鉄二、さらに物語をつかさどる若き政治家・清家一郎を櫻井翔が演じる。若き政治家と有能な秘書の奇妙な関係、栄光の裏で起きた数々の不審死…。そしてそれを追う新聞記者の強い執念。一瞬たりとも見逃せない“人間という迷宮”。誰もが持つ欲や野望に迫ったヒューマン政治サスペンスを描く。


――本作のオファーを受けた際の感想を教えてください。
びっくりしましたね。いろんなびっくりがあって。まずは政治家という役柄だということに1つ。あとはTBSの作品が久しぶりだったことも1つ。2024年は1月クールのドラマにも出させてもらっていて、同じ年に2つの作品に出るということも初めてなので、そういったところにもびっくりしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.