くらし情報『デヴィ夫人『週刊文春』の関係者らを民事提訴「請求額は各々6600万円」謝罪広告の掲載も求める【コメント全文掲載】』

デヴィ夫人『週刊文春』の関係者らを民事提訴「請求額は各々6600万円」謝罪広告の掲載も求める【コメント全文掲載】

デヴィ・スカルノ (C)ORICON NewS inc.

デヴィ・スカルノ (C)ORICON NewS inc.


タレントのデヴィ夫人が24日、自身のSNSを通じて、19日午後に週刊文春の関係者などを名誉毀損及び信用棄損で民事提訴したことを報告した。請求額は「各々6600万円」と説明し、この中に財産的損害、慰謝料も含まれる。また謝罪広告の掲載も求めている。

デヴィ夫人は投稿で「新設された アミチエ ソン フロンティエール理事長、私、ラトナ サリ デヴィ スカルノは、19日午後、文春とアミチエ ソン フロンティエール インターナショナル ジャポンの代表理事、理事2名、監事2名を、昨年発行された週刊文春9月7月号の記事等に関し、名誉毀損及び信用毀損で東京地裁に民事提訴を致したことをご報告いたします」と報告。続けて「請求額は各々6600万円で、この中には、実際に被った財産的損害や、慰謝料が含まれています。あわせて、謝罪広告の掲載も求めております」と説明した。

最近の週刊誌の報道について「一部の週刊誌が強い権力を持ち、一般の方が週刊誌に情報を提供し、週刊誌が他方当事者である著名人の言い分を公平に載せることなく著名人を貶め、社会から抹殺している事象が、多数見受けられます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.