くらし情報『浜中文一、フリー転身後の心境「大ポジティブ」地元・大阪で語る 舞台『ブラック・コメディ』へ自然体』

浜中文一、フリー転身後の心境「大ポジティブ」地元・大阪で語る 舞台『ブラック・コメディ』へ自然体

舞台『ブラック・コメディ』取材会に出席した浜中文一

舞台『ブラック・コメディ』取材会に出席した浜中文一


俳優の浜中文一(36)が20日、大阪市内で行われた主演舞台『ラック・コメディ』取材会に出席し、フリー転身後の心境を明かした。

英ロンドン発の傑作コメディーで、浜中が演じる主人公は売れない彫刻家。留守中の隣人宅から数々の調度品を無断で借用、自らの作品に仕立て、愛と富を手に入れようと画策するが、予期せぬ停電がアパート全体を襲い、暗闇の中でトラブルへと発展していく…というストーリー。

浜中は主人公について「すごいリアルな男性像」と言い、「婚約者のお父さんに気に入られようとしながらも、欲望にまみれて、関係のあった女性のことも忘れられず…。かっこつけですよね」と苦笑い。演じがいあるキャラクターとあって「最終的には応援してもらえるように」と張り切った。

“逆境”の中での振る舞い、掛け合いに注目。浜中は自身の性格について「逆境ぐらいのところまでいかないと何もしない男なんで、常に日々が逆境ぐらい(笑)」と言いつつ、昨年末で前事務所を退所し、今年からフリーで活動している現状を聞かれると「大ポジティブですね」と答えた。


「充実してます」「自然体のままやれている」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.