くらし情報『『アンメット』副題の「日記」=ラブレターだった…「全部杉咲花ちゃんの直筆かと思うと…」ファン号泣』

『アンメット』副題の「日記」=ラブレターだった…「全部杉咲花ちゃんの直筆かと思うと…」ファン号泣

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終話より(C)カンテレ

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終話より(C)カンテレ


俳優・杉咲花が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜後10:00)が、24日に最終回(第11話)を迎えた。副題にもある「日記」が、大きな感動を誘った。

同作は、講談社『モーニング』で連載中の同名漫画(原作・子鹿ゆずる/漫画・大槻閑人)を実写化。“記憶障害の脳外科医”川内ミヤビ(杉咲)が患者を全力で救い、自身も再生していく医療ヒューマンストーリー。

ミヤビは、事故の後遺症で過去2年間の記憶を失い、今日(きょう)のことも明日(あした)には忘れてしまう。毎日日記をつづり、朝に読み返す日々。丘陵セントラル病院で看護助手として働いていたが、アメリカ帰りの医師・三瓶(若葉竜也)が赴任してきたことから、再び脳外科医としての道を歩みはじめた。

ミヤビの記憶障害の原因は、脳の中の「ノーマンズランド」(医学的に人がメスを入れてはならない領域)にあり、手術を成功させるには「ノーマンズランドにある0.5ミリ以下の血管を2分で縫う」ことが必要だと判明。


最終回は、倒れたミヤビに再発が認められ、脳梗塞が完成して命に関わるのも時間の問題。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.