くらし情報『『アンメット』最終回翌日に“タイトルクレジット”変化「一瞬、空目かと」 監督がXで「私見」“続き”へ思い』

『アンメット』最終回翌日に“タイトルクレジット”変化「一瞬、空目かと」 監督がXで「私見」“続き”へ思い

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回大反響(C)カンテレ

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』最終回大反響(C)カンテレ


俳優・杉咲花が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜後10:00)が、24日に最終回(第11話)を迎えた。Yuki Saito監督は自身のX(@Yuki_Saito)を更新し、感謝を伝えた。

同作は、講談社『モーニング』で連載中の同名漫画(原作・子鹿ゆずる/漫画・大槻閑人)を実写化。“記憶障害の脳外科医”川内ミヤビ(杉咲)が患者を全力で救い、自身も再生していく医療ヒューマンドラマ。

すべての放送を終え、Saito監督は「『#アンメット』全11話、ご視聴頂きありがとうございました!みなさんに愛される作品に育ち、感謝です」とつづり、さらに「(ここからは私見です)願わくば、いやっ、どうしても、この物語の続きを描きたいです!この声が拡がり、実現できる明日に繋がりますように。その為に、今日やれることはやります!」と心境。

また、縫い目を象徴するビジュアルに重なる印象的なタイトルクレジットを“刷新”。「アリガトウ!」の言葉とともに『アリガトウ ある脳外科医の日記』とし、新ビジュアルに仕立て、スタッフ・キャストの思いを伝えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.